Skip Menu

工業用照明·電気·電子部門のグローバル企業

home>R&D>Underwater System

Underwater System

概要

海洋システムチームでは船舶用及び軍艦に使われる水中機器などを独自的に開発した技術力を保有して、最高の Marine Communication & Control System 及びUnderwater Systemの開発に先に立っています。

また、船舶に搭載される自動化制御システムと海洋資原と海洋エネルギを活用した海洋開発関連システムを開発進行します。

 

SAUV

SAUVは科学技術部主管国策課題として、1998年から 2003年まで5年間進行し開発完了された機器で、海底探査及び機雷除去など汎用目的で使われて、この機器の開発を通じ全量輸入に依存していたものを国産化することで、輸入代替効果をもたらすようにしました。

SAUV
 
 

UUV

UUV6000は深海無人潜水艇で、全海洋の95%以上探査が可能です。

超高圧、暗黒など人間が直接作業できない深海の極限環境で、ロボットの腕を利用して作業を遂行するロボットシステムで、2006年から東海、太平洋など深海底の海洋支援の調査を可能にして、韓国には世界4番目の6,000m級深海潜水艇の保有国になる成果を成しました。

構成

  • ヘヌビ、ヘミレ、船上制御室
ヘヌビ

ヘヌビ

  • ヘミレ水中作業支援
  • ヘミレ船首防衛維持
  • 深海カメラ機能
ヘミレ

ヘミレ

  • 海洋資原採取
  • 光通信を通じるリモートコントロール
  • 超音波航海システム
船上制御室

船上制御室

  • ユーザーインターフェース
  • 各種状態モニタリング
  • ナビゲーション及びディスプレー
 

現在、自律移動ロボット(Autonomous Underwater Vehicle)を開発中にあります。自律移動ロボットは、深海で自由航海及び長距離探査機能を提供して、水中進水装置と音響で通信できるようにします。

 

MDV

自律航海無人機雷処理器は、マルチビームソーナー及び潮流克服能力向上のための高性能推進システムを搭載して、既存の無人機雷処理器に備え作戦性能が大幅に向上した機器であり、特に自動制御技術を組み合わせ目標物の接近を容易にして、自律航海機能を取り揃え事故発生時にも融通性あるように対処可能な最尖端機器で、掃海作戦環境の劣悪な韓半島近海でも効率的な掃海作戦が可能な機器です。

 

H-ROVの説明と構成ガイド

H-ROVは、水中での精緻な自律航法/制御運用が可能な船体検査自動化システムであるリモートコントロール潜水艇です。

構成

  • 自動制御技術
  • センサー融合による探索
  • 精緻な姿勢制御技術
Development of Design and Integration Technology for H-ROV

主な機能

  • 6自由度誘導姿勢制御
  • 維持制御(ヘディング、水深、高度)
  • 光通信を介したリモート精密コントロール
  • USBLを利用した位置推定

応用分野

  • 船底検査
  • 埠頭及び港のセキュリティ
  • 機雷探索
  • 水中生態研究
 
 

Sea Rover R 100

Sea Rover R 100は海岸で環境生態を監視、監督する器具です

内容

  • Underwater camera, Sonar, Environmental Senor
  • Automatic dynamic control
  • Underwater hybrid navigation algorithm
  • Communication system via tether cable
Sea Rover R 100
 

Sea Rover A 100

Sea Rover A 100は海岸で環境生態を監視、監督する器具です

内容

Sea Rover A 100
  • Automatic dynamic control
  • Underwater hybrid navigation algorithm
  • Underwater communication system
상단으로 이동